アクセスカウンタ

<<  2017年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


新生活に向けて

2017/03/10 00:31
年が明けてから、なんかもう色んなことが次々あって。

一番きつかったのが、学年末考査の前日に息子がインフルエンザに罹ったことでしょうか。
どう考えても感染源は家で咳きしまくりの旦那なんですけど、旦那は熱が出ないタイプのインフルだったようで最後まで病院行きませんでした(*`д´)
息子は試験受けなくてラッキーヾ(*´∀`*)ノ ♪などと言ってましたが、息子の看病のあおりくって私も微熱が続く状態になり大変でした。


そしてピリピリしまくってた受験生活。
結局息子は第一志望の学校には受からず、第二志望の学校へ行くことになりました。
一般後期の試験まで頑張ってみればいいとは言ってたんですけど、息子自身があきらめちゃって。
春から京都で大学生活開始です。

そして息子が京都の大学に行くと決めた日、旦那に転勤の内示が届きました。
転勤先は、再びの福岡。
以前の勤務地だし馴染みのある町だから嬉しいんですけどね。

息子と親のダブル引越しはすっごい修羅場ヒィ──(ノ)゚Д゚(ヽ)──!!


息子の下宿先は割りとすぐ見つかったんですけどね(ネットのデータ検索は早くていいな)
問題は手続き書類。
息子が未成年である以上、大事な書類は親のほうにも送られるわけだけど、そうした書類はできるだけ親の新しい家のほうに送られるのが良いわけで。
しかし息子の下宿先が決まった時点で親の新居はまだ決まってなくて(自分で捜しに行く暇ないので会社にお願いした)。

とにかく親の引越しと息子の引越しのタイムラグ(約1週間)のために、色んな手続きが後回しになったり重なったり。とにかくややこしかった。
荷造りにしても、できるだけ荷物を減らして行こうということで、本をだいぶ処分したなぁ(DVDも)。゚(PД`q。)゚。

今もまだ引越し準備の作業中。
息子は初めての1人暮らしに心配しまくりだし。

またしばらくPCから離れるけれど、新しい生活が楽しいものだといいなぁ。



ココロノウタ 息子と歩んだ4年間、そしてこれから (祥伝社黄金文庫)
祥伝社
今井絵理子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ココロノウタ 息子と歩んだ4年間、そしてこれから (祥伝社黄金文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4


<<  2017年3月のブログ記事  >> 

トップへ

POICLOCK
ポンポコポッター 2017年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる